So-net無料ブログ作成
検索選択

タミフル 予防投与 混合診療 [医療]

 インフルエンザの予防注射やタミフルの予防投与は
 自己負担ですが、混合診療にはあたらないようです。

 何故か?

 まず、混合診療とは何かという事ですが、
 日本の健康保険制度では、健康保険を適用できる診療
 と適用できない診療があるそうです。

 そして基本的な考え方は健康保険適用内の診療は
 健康保険から保険と自己それぞれ、決められた割合の
 費用を賄う事になるわけですが、範囲外の部分は患者さん
 自身が全額負担になるという事で、このように保険適用の
 診療費と全額負担の診療費が混ざる事を混合診療と言います。 

 ただし現在はこの混合医療は認められていません。
 つまり健康保険の範囲内の診療と範囲を超えた診療が同時に
 行われた場合でも、範囲外の診療に関する費用を患者さんから
 徴収することが禁止されている訳です。

 そう考えると、インフルエンザの予防注射やタミフルの予防投与は
 全額自己負担ですので、これらと保険適用対象の診療を
 同時に行った場合、混合診療になるのでは?と思ってしまいますが、
 実はインフルエンザの注射やタミフルの予防投与は
 これは保険適用対象の診療に入るそうです。
 
 全額負担なのに保険適用対象?ってすごく違和感を覚える
 かもしれませんが、現在の医療費の考え方としては
 上記のようになっているようです。

 ですのでインフルエンザの予防注射やタミフルの予防投与は
 自己負担ですが、混合診療にはあたらないという事のようです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

関連リンク

注射   健康   保険   医療  

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。